保険講座

老後の備えに必要な貯蓄

お金の貯め時は、人生に3度といわれています。
「結婚して子どもが産まれるまで」と「子どもが小学生の間」
そして、今回は3度目「子どもが社会人になり独立した時」のお話をします。

サラリーマンは定年退職まで、自営業の方は引退までの期間が貯蓄を増やすチャンスです。
この時期を最大限に活用すれば、老後の生活資金を一気に貯めることも不可能ではありません。

ある調査では、老後の生活を80%以上の世帯が「心配」と答えています。
最大の原因は、年金や保険など老後の収入が十分に確保されておらず、
それを補う貯蓄も十分に準備できていないことです。

また、公的年金の支給開始年齢もどんどん遅くなっており、公的年金に対する不信感や将来の物価上昇も一因です。国や会社に頼らず、自分で老後資金の準備をする意識が高まっています。また少子高齢化の進行で、社会保障制度が厳しさを増していることなど、時代の流れを見ても自助努力は必要となります。

個人年金保険などの自助努力による老後資金の準備は、「公的年金で足りない分を補う上乗せ部分の準備」といえます。また、老後資金確保の中に、介護への備えは忘れてはいけません。多くの方が、健康な自分というシミュレーションしかしていません。要介護状態になると、衣・食・住にかかる通常の生活費に加え、介護費用や医療費のことも考えなくてはいけません。必要以上に不安に駆られることはないですが、一朝一夕で準備できるものではないので、老後資金はなるべく早い準備が得策かと思います。

Home > 保険講座 > 老後の備えに必要な貯蓄

ご予約はこちら 法人のお客様 ご契約中のお客様

推奨理由:ネット通販型保険の販売実績に鑑みて推奨する 新・海外旅行保険OFF!

ペット保険・動物保険はアイペット 保険講座 保険クリニック

取り扱い保険会社

アフラック
ソニー生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
AIG富士生命
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
メットライフ生命
三井住友海上あいおい生命
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命株式会社
セコム損害保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
メディケア生命
アイペット損害保険
みえ共済
日本生命保険
SBI生命保険株式会社
朝日生命

このページのトップに戻る

勧誘方針プライバシーポリシー